自動車保険 相場 月額

自動車保険の料金の差に価格に驚き!

今すぐ,、無料でお試してみてくさい。
これが、半額近くまで保険料金を安くできた方法です。


⇒ 無料で簡単超スピード見積り!

加害者がやるべき処置

交通事故が起こると、パニックになりがちです。
簡単に【交通事故時の初期対応】に記載していますが、法律においても
加害者としての処置が定められています。

 

 

交通事故というと軽い考えになりがちですが、「人身事故」などで負傷
の程度が大きい場合は、加害種、被害者共に余裕が無い状態でしょう。

 

しかし、加害者には道路交通法第72条1項に事故において、やらなければ
ならない処置・義務があります。
違反すると、「3年以下の懲役または20万円以下の罰金」

 

 

事故を起こすと相手への賠償・補償のことばかり浮かんでしまいますが、
警察においての「現場検証・供述調書・事情聴取」なども行われ大変なのです。

 

 

道路交通法での加害者の処置・義務

 

1.負傷者の救護
  被害者の怪我の程度を確認するとともに、必要に応じ近くの病院への搬送
  救急車を要請するなど、必要に応じて可能な範囲での応急処置をとる。
  【ひき逃げ】などはこの負傷者救護義務違反になります。

 

2.危険防止の処置(道路上の事故において散乱した危険物除去)
  事故においての状況により、二次災害が発生しないように、後続車の事故
  (二重事故)のおそれがある場合は、散乱した危険物(ガラス、部品の散乱)
  がある場合は片付ける必要があります。

 

3.警察への報告・通報
  ・ 事故発生日時
  ・ 負傷者の程度、人数
  ・ 損傷物の程度
  ・ 事故においての処置(危険防止処置、負傷者救護等)

 

事故の状況を把握し、(道路状況、事故車両の損傷、衝突した場所、停車した位置)
事故の証拠の収集。

 

目撃者がいる場合は、住所、氏名、連絡先など話を聞く。
携帯電話のカメラなどで状況を撮影しておくこともいいでしょう。
相手が契約している自動車保険も聞いておく。

 

事故の状況を把握してから保険会社への通知。
状況を把握できてなかったら、保険会社の質問に答える子ができません。

 

 

 

車にはメモ用紙や保険会社の事故時の連絡先などのメモ必ず積んでおくようにしましょう。
携帯電話に登録しておくのもいいかもしれません。
日頃からの備えが大切です。

保険料が半額近くの安くなることも!

わずか10分で最大22社、一括見積り!

しかも、無料だから見積りの価値あり!!


⇒ 無料で簡単超スピード見積り!