自動車保険 相場 月額

自動車保険の料金の差に価格に驚き!

今すぐ,、無料でお試してみてくさい。
これが、半額近くまで保険料金を安くできた方法です。


⇒ 無料で簡単超スピード見積り!

自動車保険の2つの基本補償

自動車保険は、車に乗り運転するには加入は不可欠です。
一括見積りサービスを利用し、保険について学べば学ぶ程、何でこんなに
自動車保険の相場 月額/料金に違いが出るのか不思議に思えます。

 

 

 

まずは基本補償を理解しておくことが大切だと思います。
大きく分けての2つに分けれ「相手に対しての補償」「自分のための補償」です。

 

 

1 相手に対しての補償

 

1)対人賠償保険
2)対物賠償保険

 

この2つに対しては、事故する相手、事故の規模などは予測できません。
そのため、

 

1)対人賠償保険
2)対物賠償保険

 

は保障額に制限がない【無制限】を選ぶことがベストです。

 

 

 

2 自分のための補償(自分や搭乗者、自分の車の補償)

 

1)人身傷害補償保険
2)搭乗者傷害保険

 

他に

 

3)車両保険(自分の車の補償)
があります。

 

 

 

2 自分のための補償は、相手に対しての補償と違い予測がつきます。
自分の収入、会社を休んだ場合などです。
相手は、会社の社長かもしれない、車は高級車かもしれない、効果な商品を
積んだトラックかも知れないなど・・・!

 

自分のための補償
1)2)は、自分の家計などと相談しながら補償金額を考えていきます。
無駄に補償を釣上げ加入するものではありません。

 

 

 

3)車両保険(自分の車の補償)
についても同じことがいえます。

 

最悪、事故を起こして自分の車に乗れない、なくなったことを考えてみましょう。
車の使用は、人それぞれです。
毎日、通勤で、仕事で、買い物だけ、などさまざま!

 

車もローンで購入した人、安い中古車を買った人となど。
私の車は軽自動車で、30〜40万円くらいで最悪、車がなくなっても買える値段。
そのため、車両保険は加入していません。

 

 

自動車保険の車両保険は、車が新車で価値あるものである時に大いに力を発揮
しますが、保険料は非常に高くなります。

 

 

 

自動車保険加入はまず、

 

1 相手に対しての補償
2 自分のための補償(自分や搭乗者、自分の車の補償)

 

1 2 の基本補償を理解した上で、自動車保険の相場 月額/料金を照らし合わせながら
複雑なな補償を仕分けしていくことが大切です。

 

 

 

 

保険料が半額近くの安くなることも!

わずか10分で最大22社、一括見積り!

しかも、無料だから見積りの価値あり!!


⇒ 無料で簡単超スピード見積り!