自動車保険 相場 月額

自動車保険の料金の差に価格に驚き!

今すぐ,、無料でお試してみてくさい。
これが、半額近くまで保険料金を安くできた方法です。


⇒ 無料で簡単超スピード見積り!

自賠責保険で保険の目的を知る

自賠責保険は別名「強制保険」と呼ばれ自動車賠責損害責任保険の略称で、昭和30年に
施行された法律で開始されました。
法律で義務付けられたことから「強制保険」と呼ばれるのでしょう。
自賠責保険に加入しないと、1年以下の懲役、50万円以下の罰金、交通違反減点で6点です。

 

(自動車においては、自賠責保険に加入しないと車検に通りませんけど・・・!)

 

 

自動車保険というと、もし交通事故を起こすと加害者の人が保険会社に連絡して手続きを取る
というイメージがありますよね。
自賠責保険では、交通事故の加害者を介さずに最低限の保険金を被害者が直接受け取ることが
でききます。
加害者を介さなくても、最低限の保険金を受け取ることが出来るのです。

 

 

こんなことを記載していたら自動車保険「任意保険」の加入は必要ないように思えます。
しかし自賠責保険では、【最低限の保険金】しかし払えません。
しかも、【対物補償】がなく、人身事故のみ!

 

 

必要最低限の補償で 死亡3000万円、後遺障害などで、4000万円、傷害については
120万円と非常に低い補償金額なのです。

 

 

もし交通事故を起こした時、自賠責保険で安心して補償できるでしょうか?
事故に置いての補償は、人身だけではありません。
【物損事故】においてはどうでしょう。

 

 

高級車にでもぶつかれば、修理代は高額になります。
そのため、物損事故に別途加入することで対応できるように、任意での自動車保険に加入するのが
一般的になってきています。

 

 

被害者のことを考えていた自動車保険ですが、最近は事故を起こした時の自分の車のことまで
考えた保険になってきています。
そのため、自動車保険の料金も高くつくようになってきています。

 

 

自賠責保険は、相手被害者のことを考え始まっています。

 

 

自動車保険【任意保険】加入においても、相手のことを考えて補償内容を組み立てられると
自動車保険の相場より月額/料金を安く抑えれると思います。

保険料が半額近くの安くなることも!

わずか10分で最大22社、一括見積り!

しかも、無料だから見積りの価値あり!!


⇒ 無料で簡単超スピード見積り!