自動車保険 相場 月額

自動車保険の料金の差に価格に驚き!

今すぐ,、無料でお試してみてくさい。
これが、半額近くまで保険料金を安くできた方法です。


⇒ 無料で簡単超スピード見積り!

運転者年齢条件特約【年齢区分】で安くなる。

運転者年齢条件特約とは、自動車を運転するドライバーを年齢にって制限して料金を
安くする制度で、年齢条件を設けることによって保険料金を安く割引できるのです。
料金の方は、年歳が若い人程高く、年齢が上がる程安くなりますが、年齢の条件設定
に統一はなく各社まちまちです。

 

 

安くなる年齢の上限は、「30歳以上補償」「35歳以上補償」の損保会社がが多いようで
【セゾン自動車火災保険】では、「何才以上補償」という年齢条件はなく、
40代50代の事故率の低い世代が安くなるような保険会社もあります。

 

 

これは、若年層が事故率が高いという過去の事故率のデータ、統計から算出されています。

 

 

しかし、最近では高齢者の車の保有率が高くなり(保険料も安い)、保険料金が高い
若者が支える形になり、さらに若者の車離れや年々高齢化で高齢者ドライバーの事故も増え、
その事故においての支払いも、高齢者は優良ドライバーが多いので保険料が安い。
しかし、支払いは高齢者は保険料が安いのに、保険金の支払いは大きくなり、不公平感も
生まれてきます。

 

そのため、年齢条件で高齢者(70歳以上)運転者を対象外とすることで、料金が安くなる
という保険会社もあるようです。

 

 

これから【運転者年齢条件特約】はリスクが細分化されるかもしれません。
そのため、毎年運転者(家族限定などでは自分だけではありません)の年齢を確認し
変更事項があれば【運転者年齢条件特約】で保険料金が安くなるかも知れません。

 

下記の通り、年齢区分は数社ご紹介します・・・!

 

損害保険会社 全年齢 補償 21歳以上補償 26歳以上補償 30歳以上補償 35歳以上補償 年齢区分 HP
三井ダイレクト 詳細HP
三井住友海上 詳細HP
アクサダイレクト 詳細HP
イーデザイン損保 詳細HP
セコム損保 詳細HP
ソニー損保 詳細HP
チューリッヒ保険 詳細HP
そんぽ24 詳細HP
損保ジャパン 詳細HP
東京海上日動火災保険 詳細HP
セゾン自動車火災保険 年齢条件はなく40代50代の事故率の低い世代になるにつれ、より安くなります。 詳細HP

 

 

保険料が半額近くの安くなることも!

わずか10分で最大22社、一括見積り!

しかも、無料だから見積りの価値あり!!


⇒ 無料で簡単超スピード見積り!